試し書きに書く言葉と右利きの夜市

文具業界への転職を機に文具、雑貨をメインに徒然します。

【手帳遍歴】ジプシーズノート【毎年手帳売り場に陣取る人】

手帳をしっかり使い始めたのは、社会人になってからでした。

学生時代は、学校から貰ったものを使ってみたり、マンスリーの小さい奴を使ってみたりしましたが、どれも6月以降の予定が入っていませんでした。

悲しいことに友達との予定も少なかったのでしょうし、そこまで予定が被さることもなかったので、大事に至らずやっていたのでしょう。

ただ、仕事をするとそうも言ってはいられません。

その中で、僕の歩んだ手帳歴を振り返ってみようと思います。

【学生時代】マンスリータイプB6
はっきり覚えてます。
合宿、合宿前練しか書いてないです。
本当に書くことがなく、特に手帳後方にあるメモ欄!
あれ、なんなん?と、ずっと思っていました。
ちなみに、最初の会社で数日使い、あの大きなマス目には予定が入り切らないと判明し、ここから手帳放浪の旅が始まります。
俗に言う、手帳ジプシーです(ぞくにいわなかったら、すみません)。

【社会人1〜3年目】システム手帳
ここが、はじめの一歩でした。
ここからジャブを鍛え、デンプシロールを、えぇ。

ちなみにこれは2代目システム手帳のモンブランです。サイズが極めて小さく活用しきれませんでした。

システム手帳を選んだ理由は2つ。
1つ目が、仕事柄土日の記入欄が小さい手帳では対応しきれなかったこと。
2つ目が、父が使っていたこと。

シフト制で土日の出勤があったため、土日の枠が小さい手帳ではその日の予定が入らなくなり、困っていたところに、父が夜なべしてせっせとシステム手帳を作っていました。

老眼鏡を鼻先にかけ、スカートを覗くようにエクセル印刷をかけたリフィルを見ている父がそこにいました。

「なぁここなんて書いてある? 」そう聞く父に、優しく「エクセルを見たらいい」と教えました。父は「あぁ」と言うと、またパソコンに向かいました。

見えない文字を打ち込んで意味があるのかは定かではありませんが、鼻先にかけた眼鏡の角度によっては見えるんだと思います。老眼鏡も一度踏まれて耳にかけるフレームがビギビギになっていたので、そのせいで見えなかったのでしょう。

ただ、それが僕には衝撃の事実でした。


“気にいるものがないのなら、自分で作ればいい”

その日から、自称エクセルリフィラーとしての活躍が始まりました。

外回り情報
手帳
数字の目標と進捗
その他

仕事に必要な情報を全てシステム手帳に盛り込むスタイルを確立し、サッカー選手とボールの関係よろしくエクセルとの仲睦まじい生活が始まりました。

問題は、エクセルを知らなかったことです。

膨大なプライベートの時間が、エクセルとの乳繰り合いに費やされました。

その頃は、相手(エクセル)の気持ちを考えるとか、していなかったので、十二分に力を発揮させられてなく、曜日や日にちも全て手打ちでした。

ただ、自分の必要なものを前提に作ったエクセルリフィルですので、マンスリータイプの手帳とは異なり、長く繁栄しました。立場や担当が変わるたびエクセルはその姿を変え、相棒として活躍してくれました。

【社会人、現在】トラベラーズノート
そんなシステム手帳と僕の間にさっと現れたのがトラベラーズノートでした。

システム手帳のリングが邪魔でどうにかできないものかと、手帳売り場を徘徊していました。

それまでは、リフィルに記入する際は、手帳から外して書くことが多かったのです。そして、仕事を覚えるごとにリフィルが増え、いつも留めるのが大変な状況でした。

手元の太ったシステム手帳を眺めながら、

“やっぱり女性と手帳は少しふっくらしてる方がいいよな”

とか意味のわからないことを考えていると、少し売り場を離れてしまいました。

見ると、目の前に黒い手帳が飾ってありました。それがトラベラーズノートです。

トラベラーズノート Traveler's notebook 黒 クロ 13714006

トラベラーズノート Traveler's notebook 黒 クロ 13714006

現在のトラベラーズ初代。
長らく働いてくれました。
するすると手触りがいいです。

中を開くとシンプルでリングもなく、売り場にはカスタマイズ可能なアイテムがぺっぺっぺっと並んでいました。

ぱっと見も値段より立派に見えるし、いいかもしれないと購入し、今尚相棒として頑張ってくれています。

その頃には、万年筆で手帳を書くことが常となっていたので、トラベラーズノートの紙質もスタートダッシュに成功した点のひとつでした。

ただ、今までエクセルリフィラーとして頑張ってきた誇り、プライド、矜持(だいたい全部意味同じですね)がエクセルからの離脱を許しませんでした。

トラベラーズノートのリフィルにエクセルで出力した手帳面を貼り付けていくスタイルで、会議やミーティングを余白に書き込んでいくスタイルです。

今では、張っている面すら勿体無いと言うことで、ミドリからMD用紙をまとめ買いしそれに印字をかけてリフィルまるまる作っています。

トラベラーズノート Traveler's notebook キャメル 15193006

トラベラーズノート Traveler's notebook キャメル 15193006

現、相棒の復刻版キャメルのトラベラーズノート。これからもっとふくよかになっていくはずです

やはり手帳スタイルを自由にできると、ストレスが減っていいですね。

現在は、日にちも曜日も、祝日も簡単なエクセル式でTODAYかなんかから連動させてるので、ほとんど手間もとりません。


そんなトラベラーズノートの話はまた後日。

【次回】
私的トラベラーズノートの使い方